« 本を追加 | トップページ | 弱気 »

診察

昨日の日曜(11月30日)、いつもお世話になっている動物病院へくつしたを連れて行った。

この間の別の病院へ連れて行くまでは、

この大規模な複数の獣医がいる大病院に少し不安を抱いたりもした。

専属の担当医がつかない点が少し気になっていたのだ。

しかし、逆に考えれば

どの先生であってもきちんと対応できるように

しっかりとミーティングを行い、意思疎通、診療方針の徹底がなされている

とも考えられる。

実際そうなのだ。

 

かつて、まるが動物の専門学校の講師をしていた頃、

この病院の先生方は学校の授業を含め 様々な面で協力してくれたそうだ。

授業や講習に来る先生も いつも同じメンバーではなかったが、

どの先生が来ても、言うこと・教えてくれる内容にブレはなく

きちんと意思の疎通や情報の伝達が行なわれている印象だったと言う。

単に金儲け主義で大きくなった病院ではない。

それだけの実績と人気と評判があってこそ、

ここまで多くの飼い主たちが押し寄せる総合病院へと成長したのだろう。

 

今回くつしたを診てくれたのは、副院長の先生だった。

若い先生でも心配なことはないと思うが、

でもやはり、ベテランの先生が診てくれるということは大きな安心になった。

 

私が触った限り、くつしたのおなかには米粒~小豆ぐらいのしこりが2つ、

ゴマ粒、もしくはそれより小さなしこりは いくつもあった。

先生は、くつしたのおなかを念入りに触り、

先日の“意見押し付け獣医”が気付きもしなかった小さな小さなしこりの存在も

気付いてくれた。

「普通は気付かないようなものだ」と先生は言った。

仮にくつしたがもう少し太っていたら、脂肪に埋もれて触っても分からないだろうと。

それくらい早期と言えば早期なのだ。

いつも体中を触ってチェックしていてよかった、と思った。

しかし1~2ヶ月チェックを怠っていたりもしたので、あまり手放しでは喜べなかった。

 

やはり、乳腺だろうということだった。

結局のところ、切除して、それを検査してみないことには

良性なのか悪性なのか、何なのか分からないのだ。

細胞診(空の注射器を幹部に刺し、中身を吸い上げて、その細胞を顕微鏡で検査する)をしようにも、

しこりが小さすぎて針も刺せないだろうと。

そして、それで検査しても“おそらく”というぐらいのことしか言えず、

たまたま針を刺した部位に悪性の細胞がいなければ「良性です」ということになってしまう。

悪性だったらすぐ処置をするが、そこで良性となればまたしばらく経過を観察するのか

それともやはり手術するのか、

結局は今と同じ選択になるのだ。

「今すぐどうかしないといけないというレベルではありません」

と先生は言った。

手術して取ってしまえばその部分に関しては安心するが、

そのせいで逆に体を壊して生活が苦しいものになってしまうという心配もある。

もう少し“しこり”が大きくなるまで静観するのもよいが、

悪性だった場合、それで体調が悪くなってしまう可能性もある。

どちらを選ぶかは飼い主の選択で、

そしてくつした本人の生活のクオリティを考えて優先した方がよいと。

手術となると、乳腺を取る。

この手術の場合、避妊手術も一緒に行なうのが常らしい。

普通は5つあるうちの真ん中の3つめの乳首を中心に考え、

胸部にしこりがある場合は上3つ、

腹部にある場合は下3つの乳腺を切除するが、

くつしたの場合、全体に散らばって存在しているため

おそらく一列全部の切除になるだろうということだった。

そうなると傷が大きくなるので、1日~2日の入院になるらしい。(3つだと日帰り)

 

「とにかく、ちょっと考えてみて下さい。

カルテにはちゃんと記載しておくので、もし他の先生でもきちんと相談に乗ってくれるはずです。」

という言葉をもらった。

「ありがとうございました」と診察室を出た。

 

「こっちの病院に来てよかった。」

まると私はそう言い合った。

・乳腺の腫瘍の可能性、

・手術をして検査してみないと分からない、

・避妊手術を同時に行なう

この前に行ったあの病院の獣医と、見解や対処の方針は同じだったが、

話の進め方はまるで違った。

とにかく手術するしかないだろうと自分の意見だけを押し付けたあの獣医とは違い、

何をするにしてもリスクがあり、どの選択をするかは、くつしたの今後を考えて

どれが一番いい方法なのかを飼い主が考えて、そして相談して下さい

という姿勢がとても安心できた。

 

 

|

« 本を追加 | トップページ | 弱気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本を追加 | トップページ | 弱気 »