« 生肉 | トップページ | 診察 »

本を追加

楽観と悲観の繰り返しの日々が続いている。

きっと大丈夫、

そう思うと同時に、やはり不安も広がる。

悩んでいても仕方ないのだけれど、とにかく自分に出来ることは

知識を得ることぐらいしかない。

 

先日届いた本村伸子氏の著書(ペットの健康ごはん)が良かったので

シリーズのガンに関する本も注文した。

くつしたが病気であってもなくても、

知っておいて損ということはない。

むしろ、これから先、ガンに対する免疫力の強化と

そのための食事や生活は必要だ。

 

もっと早くすべきだったのか、

それともこれがいいきっかけになるのか

それは分からないが、

とにかく自分のすべきこと、できることをしていくだけだ。

 

ペット(犬猫)に関する、とは言えど

それは人間にも当てはまる話が多いのだ。

手作り食にしても、猫のためだけに材料をそろえたり

調理したりするのは大変なことだが、

人間と猫の食事の材料を共通にすれば、“ついで”で出来る。

初めての生食となった牛肉も、

ブロックで買った肉の一部をくつしたに使い、

残りの多くは私たち人間用の炒め物に使った。

加熱ごはんのカボチャや人参も、人間用は煮物になったし

大根は味噌汁やサラダに使った。

 

くつしたのために、と始めていることが

実は家族全員の健康を良くすることにつながっていくのだ。

簡単で当たり前のことなのに

そうか、と思ったりした。

 

 

|

« 生肉 | トップページ | 診察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生肉 | トップページ | 診察 »